「普通の」1日


誰かに、自分の1日のドタバタのタイムスケジュールを
説明していいる夢を見て目が覚めた。
子どもが乱入しながら仕事をしている「普通の」1日だが、
なんだか、そりゃ疲れるなぁ、なんて自分で思いながら。