妥協点


最近の一日の締めくくりは大変です。最後の最後に
大きなハードルというか試練が待っています。


「歯を磨こっかー」
「やだ みがか ない」


なかなか強情でして、毎晩、説得に長期戦です。
ぶち切れそうになりながらも根気よく説得しています。
しかし、だんだんと難易度が上がっていて、歯磨きの
時間が憂鬱になってきました。


どうしてもダメで泣きそうになりながら、力づくで
磨くのもあんまりやりたくないし、もう堪りません。


結局、パパにもママにも磨かせてくれませんでした。
今日はグーフィーに仕上げ磨きをしてもらいました。


マクドナルドのハッピーセットのおもちゃ。
右手を高々と上げたグーフィー
歯ブラシを持って仕上げ磨き。


まあグーフィーは僕が持ってるんですけどね。
歯ブラシと一緒に。


しかし、あんなにパパとママを拒否しておいて、
グーフィーならいいのかよ。意外にあっさりOKで、
なんじゃそりゃって気分。


まあ、この少ないチャンスを見逃す手はないから
急いで磨いたけどね。


娘なりの妥協点なのかしら。